乱視の症状についてまとめています

乱視の症状について

乱視とは、近視や遠視に並ぶ屈折異常のひとつです。

眼にかかる負担が非常に大きく、眼精疲労や視力低下などの原因となってしまう
おそれもあるため、早期に乱視を知り、適切な矯正を行うことが必要とされています。
ちなみにこの乱視、あまり知られてはいませんが、ほとんどの人が大なり小なり
持っているもの。 軽度の場合は眼が本来持っている調節能力が働き、
生活に支障がない為問題とならないこともあります。
ただし、調節機能のカバーできる範囲を超えた乱視を持っていた場合は、
過剰なストレスを眼に与え続けることになってしまいます。

【乱視の症状とは】
乱視の症状のうち、最大のものが遠近にかかわらずものが
見えにくいということでしょう。 近視であれ遠視であれ、あるいはそのどちらをも
持っていない場合ですら、乱視があると視力障害が生じてしまうのです。
このほか、片眼でものを見た場合にも、ものが重なって見えてしまう症状もあります。
両眼で見る場合は、多少のずれが生じることがありますが、乱視が強いと片眼だけでも
この症状が出てしまうのです。
また、夕方や夜になると急激に視力が落ちるような感覚が現れることもあります。
乱視をカバーするために調節機能が疲労してしまったことによるものに加えて、
光の屈折が乱視の場合は通常と異なるために起こります。
このため、電光掲示板などの文字が見えにくくなることもあり、
運転などで非常にリスクが高まってしまうのです。

いずれにしても、乱視の症状として大きいのは
「ものが見えにくい」「ボケる」ということ。
軽度の場合は問題ありませんし、気に留めることもないかもしれません。
ただし、もしこういった症状が気になるようであれば、
眼科の健診を受けることをおススメします。

ちなみに乱視は、調節機能を酷使することで眼精疲労を伴うことが多いです。
また、極度に眼を使用するために頭痛やドライアイなどの症状が併発することもあり、
日常生活にも大きな支障が出てしまいます。
もし眼科で「乱視ですよ」と診断されたのであれば、できるだけ早いうちに
矯正をしておいたほうがいいでしょう。
/>
乱視は加齢によって症状が出やすくなると言われています。
これは乱視そのものが悪化しているのではなく、眼の調整機能の衰えから
本来の乱視が発生してしまうのです。

こういったデメリットを防ぐために、早いうちから乱視用の眼鏡や
コンタクトといった矯正器具に慣れていったほうが、
ストレスのない生活を送ることができますよ。

参考サイト⇒乱視カラコンとは

最新記事

  • 屈折異常の中でもっともメジャーなのものは、近視や遠視です。 どちらもものが見えにくくなり、日常生活に支障が出て …

    乱視のチェック方法

  • 1:乱視とは 乱視とは、屈折異常と呼ばれる病気のひとつ。 近視や遠視といったものが見えにくくなる病気ですが、そ …

    乱視の原因

  • 屈折異常と呼ばれる病気には、近視・遠視・乱視などが存在します。 このうち、乱視は人間がもっともストレスを感じて …

    子供の乱視